山菜

ネマガリタケのキムチ

やわらかくて甘いタケノコをそのままマヨネーズで

北海道が誇るネマガリ竹のタケノコ

私は、タケノ子にはこだわりがありまして、毎朝雨が降って日中は、からっと晴れる地域の
水分をたっぷりと含み、やわらかくて重たい,山のミネラルをたっぷりと吸い上げたものを食べます

ビタミン、ミネラルを豊富に含んで身体にも良いし
味も最高です

自然の山には、季節ごとに旬の物を食べる楽しみがあります

やはり3月は山わさびから始まります     熱いご飯にかけて食べると食欲も出て健康にも良いとされます

4月のアサツキ

山ネギといわれ、ネギと同じように納豆やうどん等に薬味として入れます

4月のあずきな

とても甘くて美味しい山菜で、おひたしにします

セリ (ミズゼリ)

水の中に生えてるセリ

ヨモギの新芽

薬草としても知られる山菜

私は、天ぷらが好きですが、お茶やヨモギもちなど
にも使われます

ワラビ

行者ニンニク

ネギやニンニクの10倍以上もの栄養がある天然の行者ニンニク

ジンギスカンや豚肉、牛肉などと相性も良いです

行者ニンニクのキムチ

行者ニンニクの天ぷら

これが一番美味しかったです

行者ニンニクのスープカレー

行者ニンニクのしょう油漬を豆腐にかける

チャーハンやザンギ、ギョーザにも合います

千歳川の本わさび

タラの芽

タラの芽の天ぷら

アマドコロ

タラの芽は、1番芽を採って2番芽を残します

クローバー

おひたしに

ハンゴンソウ

天ぷら、おひたしに

ツクシ

あえもの、炒めものに

ミヤマイラクサ   通称アイコ

煮物、天ぷら、油炒め、あえもの

ノゲシ

ハハコグサ

ヤマニンジン

コゴミ

ごまあえ等

バイカモ

酢のもの、おひたし、あえもの

煮物、油炒め

ミズナ

ハリギリ

アクが強いので天ぷらに

ヤマブキショウマ

煮物

野生のミツバ

栽培品とは違う香り、歯ざわり、味が最高

おひたし、天ぷら、味噌汁

熱い味噌汁に食べる直前に生のままでサッと入れると,とても美味しい

水辺のフキ

ヤマウド

新芽は天ぷらに、茎は酢味噌あえ

山菜は、味も個性が強く美味しいですが、栄養もとても豊富です。
畑の野菜と違って、農薬や科学肥料などを頼りにせずに自力で健康を維持し、種を存続し繁栄します。
そういう意味で、山菜は現代人の食生活から比べると薬草の様なもので科学的にも多くの証明があります。

コシアブラ   天ぷらに

炭で焼くのも良いですね

このタケノコは、先端が二又に分かれていて大変
珍しいものです。

専門業者でも見た事も聞いた事もないといってました。

60年以上もタケノコ採りをやっている名人数人に聞いても
だれも見た事ないといっていました。